排水口、排水溝、排水管の水漏れに対処するためのポイント

排水口、排水溝、排水管の水漏れに対処するためのポイント 毎日の生活で出る排水を流す排水口や排水溝、排水管は、常に劣化する危険に晒されており、10年くらい経つと水漏れのトラブルがいつ起きてもおかしくない状態になります。ご家庭でよく起こる水漏れのトラブルは、シンク下の排水ホースから水が漏れ出す、貯水槽に水が貯まらないなどです。ポタポタと水が垂れる音がする、排水溝から異臭がする場合も水漏れを起こしている可能性があります。
水が漏れ出すような不具合は簡単に起きないように設計されていますが、水が漏れ出してしまう場合に備えて、どのような対処をすれば良いのか押さえておきたいポイントがあります。排水がある場所や対処法、業者に依頼する時の判断基準、水が漏れないようにする予防法まで紹介しますので、参考にしてください。

■排水がある場所と水漏れを起こす原因

排水口や排水溝、排水管などの排水設備は、ご家庭では風呂場・キッチン・洗面所・トイレなどにあり、ビルの給湯室や学校の共用スペースにも設置されています。近年は一人暮らしや核家族化の影響で、トイレや洗面台などの水回りが集まるユニットバスタイプも増えています。水が漏れる原因は排水パイプの詰まりや接続部のゆるみ、経年劣化が主な原因です。
排水パイプの詰まりでよくあるのは風呂場や洗面所での髪の毛や異物の詰まり、洗濯機の排水ホースが糸くずや髪の毛で詰まることです。接続部のゆるみは地震などの振動や衝撃、老朽化などによるものが多くなっています。排水パイプの耐用年数は10から15年ほどなので、10年以上経過していれば、経年劣化の可能性があります。

■排水の水漏れに対処する4つの方法
接続部から水が漏れておらず、排水管の破損もなく、床から水が滲み出していなければ、排水管内に汚れが詰まっている可能性が考えられます。排水管を洗浄すれば解消することがあり、その場合は重曹や市販の洗浄剤を使用します。石鹸カスを蓄積させないように、少量ずつゆっくりと回数を分けて、熱めのぬるま湯で行うと効果的です。
接続部のナットが緩んでいたら締め直します。余計な圧力をかけないように締め過ぎに注意してください。排水管を洗浄し、接続部のゆるみを直しても水漏れが解消しない場合は、内部のパーツが劣化、破損している可能性があるので、取り替えます。自分でDIYする自信がない場合は、迷わず専門業者に依頼しましょう。

■業者に依頼する判断基準と水漏れを予防する方法

自分で排水設備の水漏れに対処できるか、業者に依頼した方が良いのかを判断する基準があります。水道の蛇口部分から勢いよく水が漏れている時や床下から水が漏れている時は、自分で修理出来ないケースが多いため、迷わず専門業者に連絡をしてください。逆流したり、水が溢れた状態が長引いたりするときも注意が必要です。
排水設備の水漏れを防ぐには、一度に大量の水を流さず、水に流れにくいものや溶けにくいものを流さない、排水口や排水溝周辺をすっきり片付けてモノを落とさないようにする、定期的に排水を掃除しゆるみがないか接続部をチェックすることが大切です。水が漏れるのを予防することができると同時に、排水管の詰まりを防ぐことができます。

■まとめ
排水設備から水が漏れると異臭や悪臭などニオイの被害が出るだけでなく、汚水が逆流したり、溢れたりして、辺り一面が水浸しになる可能性があります。マンションなどの集合住宅であれば、下の階の天井に水が漏れるトラブルになることもあり、二次災害を招いてしまいます。排水から水が漏れていることに気づいたら、すぐに止水栓で水の流れを止めるようにしましょう。それから自分で対処するか、専門業者に依頼するかを判断するようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース