台所の排水管など排水設備の水漏れを修理する方法

流し台の排水口や、その下にある排水設備は、水漏れのトラブルが起きやすく、放置すると二次災害を招きます。水が漏れているのを発見したら、まずは原因をはっきりさせる必要があります。原因が特定できれば、自分で修理することも可能です。流し台の下の水漏れの対処の仕方、修理する方法を紹介します。

■流し台の下の水漏れの原因と二次災害

台所の床が水で濡れていたら、流し台の下の扉を開けて中を確認します。水漏れの主な3つの原因は、排水パイプのつまり・接続部のゆるみ・排水パイプの経年劣化です。排水パイプのつまりは、指輪や髪の毛などが排水口に流れ、排水パイプで詰まって起こります。接続部のゆるみは地震や老朽化で起こります。排水パイプの耐用年数は約10年から15年とされており、排水パイプを10年以上使用すると経年劣化による水漏れを起こしやすいです。
対処が遅れると、戸棚に黒カビが発生し、腐食が始まり、キッチン全体の取り換え工事が必要になる場合もあります。当然、水道代が高騰し、マンションの場合、階下の天井から水が漏れることもあります。

■流し台下の水漏れの対処、修理方法

傷みがあるパッキンを交換すれば、水漏れは解消します。ゆるみがない場合はゴムパッキンの劣化が考えられ、ゴムパッキンを交換することで解消できます。排水管などに穴が開いた場合は、補修パテやビニールテープで補修するか、新品に取り換えて排水管 水漏れを修理します。
給水管や給湯管から水が漏れているときは止水栓か、水道の元栓を閉めて対処します。排水管のつなぎ目から水が逆流しているときは、排水管を外して洗うか、クリーナーを使って詰まりを取り除きます。その他のトラブルでは新たに補修や部品の修理が必要になります。

■まとめ
台所の排水管などのゆるみや排水口のパッキンは素人でも交換できますが、他の部品の交換や本体の取り換えは技術や知識が必要になるので、部品が入手できない、自分で修理する自信がない場合は専門業者に依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ