洗濯機などの排水溝、排水管の水漏れの修理方法

洗濯機や洗面台は床下から水が漏れることが多い場所です。洗濯機の下にある洗濯パンは排水溝と繋がり、洗面台の下に止水栓があります。小さな水漏れで床が水浸しになり、床の張替えや取替えが必要になることもあります。洗濯機などの排水溝や排水管の水漏れの修理方法を紹介します。

■洗濯機の水漏れの修理方法

洗濯機から水が漏れるのは給水ホースのつなぎ目、給排水ホース、洗濯機内部の主に3箇所です。つなぎ目のゆるみやパッキンの劣化、破損は比較的簡単な修理ですが、洗濯機内部から水が漏れている場合は、専門業者に依頼するのが一般的です。また、洗濯パンに設置された排水トラップが原因のトラブルもあります。
洗濯槽の排水をスムーズにし、逆流や詰まり、悪臭を防ぐ役割がありますが、年数とともに汚れが詰まり、洗濯パン内に水が漏れ出したり、排水が逆流したりして悪臭や異臭がすることがあります。ホームセンターで部品を購入することは可能ですが、修理方法を間違うとよりトラブルが悪化するので、確かな知識と技術が必要です。

■洗面所の水漏れは自分で修理できるものもある

洗面台から水が漏れるのは蛇口や水栓が多く、シャンプードレッサーの場合、蛇腹ホースから水が漏れることもあります。また、洗面台と排水管のつなぎ目、排水管の接合部、排水管と床、壁面の接合部からも水が漏れます。つなぎ目や接合部のゆるみは締め直し、パッキンなどの劣化なら部品を交換します。部品を購入する場合はできるだけ現物を持参し、ホームセンターの店員に聞くのが確実です。
排水管自体が劣化、破損している場合も交換か取替えになります。ただし、部品やパーツの状態を確認するとき、分解作業が必要で排水管を無理に取り外すと、水漏れ修理で済まなくなることがあります。自分でできない場合は専門業者に依頼してください。

■まとめ
洗濯機からの水漏れは本体内部でなければ、自分で修理できるケースが多いです。洗面台や洗面所の水漏れも蛇口や水栓なら、自分で部品の交換をすれば修理可能ですが、排水管から水が漏れると、分解修理などが必要になり大掛かりになります。自分で修理する場合は洗面台の取扱説明書をよく確認し、自信がなければ、専門業者に任せてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ